読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salesforce connector for Microsoft Power Query for Excel を試してみた

Salesforce connector for Microsoft Power Query for Excelがプレビュー公開中ということで試してみました。

 

準備

Microsoft Power Query for Excel をインストール(Excelはインストール済みとします)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39379
既にインストール済みの方も最新版でなければ入れなおしてください。

 

Salesforce connector for Microsoft Power Query for Excelをインストール
32bit
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=517185

64bit
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=517184

以上で準備完了です。

 

ではさっそく試してみましょう。
Excelを起動しPowerQueryを選択

 f:id:Shinji_Japan:20141016195537p:plain 

「その他のソースから>From Salesforce Objects」を選択

f:id:Shinji_Japan:20141016195620p:plain

 

初回はサインインを促されますのでSalesforceへサインインします。

f:id:Shinji_Japan:20141016195638p:plain

 


IDとパスワードを入力して

f:id:Shinji_Japan:20141016195700p:plain

 

SalesforceへのPowerQueryのアクセスを許可します 

f:id:Shinji_Japan:20141016200819p:plain

 

認証が終わるとナビゲーターにオブジェクト一覧が表示されます。

f:id:Shinji_Japan:20141016195748p:plain

 

マウスオーバーでレコードがプレビューできます

f:id:Shinji_Japan:20141016195811p:plain


ダブルクリックでクエリーエディターが開きます。今回は取引先を選択します。

f:id:Shinji_Japan:20141016195837p:plain

 

 

ここで条件を指定します。今回はBillingStateがNCの取引先を抽出します。

f:id:Shinji_Japan:20141016195856p:plain

 

クエリ結果が表示されるので「閉じて読み込む」を選択します

f:id:Shinji_Japan:20141016195913p:plain


これでExcelシートが出来上がりです。

あとは自由に行や列を挿入したり

f:id:Shinji_Japan:20141016195931p:plain

 

みなさん大好きな方眼紙状にしたりと自由にレイアウトを変更できます

f:id:Shinji_Japan:20141016195952p:plain


好きにレイアウトを整えてた後も「最新の情報に更新」でいつでも最新のデータをSalesforceから取得できます。

f:id:Shinji_Japan:20141016200025p:plain

 


抽出条件を変更したい場合は「クエリの編集」を選ぶことで再びクエリエディターが開き、条件を指定しなおすことができます。

f:id:Shinji_Japan:20141016200043p:plain

 

あとはBookを保存すればいつでもExcel上で、好きなレイアウトでSalesforceの最新のデータを見ることができます。